髭(ヒゲ) 脱毛クリーム~本当に効果あるのはどれ?と迷っているあなたへ~

はじめに

cc-library01001044936dr4



“毎日のように、髭そりをやらなければならず、面倒!”
“髭が濃すぎることを、奥さんや恋人に指摘された”
“髭を脱毛したいと考えてるけど、永久脱毛は高い!”


 

皆さんは、このようなことを考えたことがありませんか?
私も髭脱毛について考え始めたきっかけも、恋人に髭の濃さを指摘されたことでした。
髭が伸びるスピードは早いし、量も多い。髭を何とかしろと言われました。
それで髭脱毛のことを色々調べてみましたが、メンズクリニックやエステでの脱毛は永久に生えてこなくなる分、値段も高くちょっと手が出せません。


やはり、髭脱毛とはいえ、安く収めたいと思いますよね。
そこで、脱毛クリニックやエステと比べると、安く販売されている、髭脱毛のためのクリームを試してみることにしました。


しかし、髭の脱毛クリームは様々な種類が販売されていて、どれがいいのかわからないのです。男性用や女性用もあれば、顔用なのか、身体用なのかといった具合に様々です。
色々と口コミや体験談などが載っているサイトを見てみましたが、どれも一長一短で、本当に効果がある脱毛クリームってどれなのか、全くわかりません。


そこで、当ブログでは、髭脱毛対策のため、様々な脱毛・抑毛クリームを試して、その効果をレポートしていきたいと思います。





 
 
 
 
 
 



脱毛クリームとは?



 

脱毛クリームの種類

 そもそも、脱毛クリームがどんな作用で脱毛効果を発揮するのか、意外と知らない人もいると思います。「毛穴に入って作用するのか」、「毛が抜けるのか、溶けるのか」、「男性用・女性用の違い」などが疑問として浮かんできます。
脱毛クリームは、その脱毛への作用から、「除毛」作用のあるクリームと、「抑毛」作用のあるクリームの2種類に分けられます。
これら2種類のクリームを使いこなすことで、より良い髭脱毛の効果を期待することができます。


 

除毛クリーム

除毛クリームとは、塗布した部分の毛を溶かすことで取り除くクリームです。
クリームに含まれるタンパク質を溶かす成分が作用し、毛のタンパク質を溶解し、簡単に毛が取れるようになります。
クリームによってはカミソリで剃るよりもキレイに髭を除去することができます。
しかし、毛を溶かすだけなので、永久的に脱毛するということはできません。


 

抑毛クリーム

抑毛クリームはずばり、毛の成長を遅らせる作用があります。
除毛クリームのように、塗布後に毛が取り除けるということではなく、毛を剃った部分に塗布することで再び生えてくる毛に作用し、毛の成長を遅らせます。
中長期的に使用することで、毛が徐々に薄くなり、生えにくくなっていく効果があります。
その効果は人によってまちまちで、時間がかかることがネックと言えます。


 

脱毛クリームで毛は抜けない!?
このように、「毛を取り除く除毛クリーム」と「毛を生えにくくする抑毛クリーム」がありますが、毛根から毛が抜けるようにするクリームはありません。
毛根から毛が抜けるようなものだと、皮膚への悪影響もひどいのだと考えられます。
除毛クリームと抑毛クリームを併用して、時間をかけて毛を薄くするのがオススメです。
どうしても、早く脱毛したい場合、脱毛クリニックやエステに行くのがよろしいでしょう。




 
 
 
 
 
 



メリットとデメリット



 

除毛クリームのメリット・デメリット



    メリット

  • 剃らないから、カミソリ負けしない
  • クリームを塗るだけで簡単
  • 深く毛を除去できるため、青ひげの心配なし

    デメリット

  • 使用の際、ヒリヒリと痛む
  • 塗った皮膚が炎症を可能性がある(肌荒れ)
  • 髭を除去するだけで、薄くするわけではない
  • しっかり塗らないと毛を除去しきれない




 



抑毛クリームのメリット・デメリット


    メリット

  • 肌を痛めることがない
  • 美肌・保湿成分が入っていて、肌に優しい

    デメリット

  • 効果が出るまで、時間がかかる
  • 途中でやめると効果がなくなる
  • 効果に個人差が大きい


 

各々、メリット・デメリットは様々ですが、特に除毛クリームは、製品の大半が髭ではなく、手足や胸などの毛に使うように作られているため、毛を溶かす効果が強すぎて、塗布された皮膚まで溶かしてしまい、炎症を起こすことが多々あります。
毛が取れてもヒリヒリと痛みが残るのが厄介です。
髭に使用しても大丈夫かを見極めて使うのが良いでしょう。
抑毛クリームも効果が人それぞれで違い、物によっては全く効果がないこともあるので注意が必要です。




 
 
 
 
 
 

効果を高める使い方



 

実際に脱毛クリームを使うなら、なるべく効果を高めたいです。
なるべく、皮膚への影響を抑えて、効果はしっかりと実感できるように的確で効果的な使い方があります。




①塗布部分を温める
これは、通常の髭剃りと同様で、塗布部分を温めることで、毛が柔らかくなり、毛穴が開きます。脱毛クリームが深く入り込み、高い脱毛効果が期待できます。


②毛穴の汚れを落とす
塗布部分を含めて顔全体をきれいに洗うと、毛穴に入った皮脂や汗などをしっかり落ちます。これで塗布する際に、皮膚に浸透しやすくなります。


③乾いたタオルで水気を拭きとる
クリームは、濡れた状態だと効果が減ってしまいます。塗布部分の水分を拭きとって乾いた状態にしてから、クリームを塗ります。


④クリームを塗布後、決まった時間置いておく
脱毛クリームは、様々な種類があるので、各々で取り扱い方が違います。
中でも、塗布した際の洗い流すまでの時間も様々です。製品をよく見て、決められた時間を確かめて、それ通りに時間を置いて洗い流すのがベストです。
その時間以上に置いてしまうと、塗布部分の皮膚への悪影響が出る可能性もありますので気を付けましょう。



⑤クリームを洗い流す
塗布後、しばらく決められた時間を置いたら、クリームをしっかりと洗い流します。
そして、タオルなどで、拭き取ります。この際に、毛が取れることがあります。
ポイントは、塗布部分を冷やしてあげることです。クリームの成分で皮膚が炎症・敏感になっていることもあるので、冷やしてあげると良いでしょう。



⑥肌をケアする
脱毛クリームを使用した肌は、クリームの影響で炎症を起こしていることもあります。
洗い流した後は、化粧水や肌ケアクリームなどで、肌荒れを防ぎましょう。




 


このように、脱毛クリームはその脱毛効果の反面、肌への影響も強いものがあります。
なので、適切な使い方で、肌への影響も考えることで、高い効果を発揮し、快適に使うことができます。


 
 
 
 
 
 

使用時の注意点



 


これまで述べてきたように、脱毛クリームは毛に効果があるといえど、肌に塗るものです。
使用する際は、毛だけではなく、皮膚のことも考えて使いましょう。
その際に注意点がいくつかあります。



注意点




除毛クリームの注意点

・除毛クリームの場合、基本的に身体用のもののため、顔に使用できないものが多い。
・効果を高めようと、長い時間塗るのは肌に良くない。
・肌にどんな影響があるかわからないため、使用の際はパッチテストを行う。
・日焼けした肌への使用、日焼け止め製品との併用、使用後に日に当たることなどもやめた方がいい。
・商品ごとに仕様が違うため、使用方法や使用時間などを守る。

 

抑毛クリームの注意点

・抑毛クリームは、顔に使っても良い商品もあるので、身体用か、顔用かを判断して使用する。
・抑毛効果を感じるまで、時間がかかる
・商品によって成分も異なり、効果がでないこともある。
・使用開始後、約2週間~1か月ほど、効果を感じられない場合、クリームを変えた方がよい。

Posts navigation