もう髭剃り負けしない!髭処理トラブルの対策法

 

髭剃り時のカミソリ負け



 

カミソリ負け
 


髭剃りや髭抜きといった、髭の処理は男性の宿命といっても過言ではありません。しかし、髭を処理する際に、肌への影響も強く、髭剃り負け(カミソリ負け・肌荒れ・毛包炎・埋没毛)というトラブルも多いのです。


肌は一般的に女性の方がデリケートというイメージがありますが、実は、男性も皮膚が弱いものです。
毎日のように、カミソリで髭を剃っているので、肌がボロボロという方も多いのです。
私たちの皮膚は、表皮・真皮・皮下組織とに分かれています。
表皮は28日周期で新しい肌に生まれ変わっているといわれます。その表皮の薄さは、何とたったの0.2ミリ。サランラップくらいの薄さです。
毎日カミソリでひげを剃っている方は、その薄い表皮を毎日カミソリで剥いでいるようなもの。肌が荒れない方がおかしいくらいです。



だからと言ってひげを剃らないわけにはいきません。そこで大切なのは、カミソリ選びです。
皆さんの中には、出張先のホテルで使わなかった未開封のT字カミソリを、せっせと溜めて節約して使っている方はいませんか?
もちろん、質の良いカミソリを備えているホテルもありますが、ほとんどのホテルは2枚刃の1回使えばダメになってしまう質ものが多いのです。
肌のためには、最低でも3枚刃以上を使うようにして下さい
刃の枚数が多ければ多いほど、剃るときの皮膚への圧力が分散され、肌への負担が減ります。
また、必ずシェービングムースをつけて滑りを良くし、決して直剃りはしないようにして下さい。










髭剃り後の肌荒れ・ニキビ




男性顎

髭剃りの後は、カミソリ負けなどの皮膚炎やニキビ、乾燥によって肌が粉をふいたような状態になりやすいものです。
どんなに肌への負担のないカミソリを使ったとしても、表皮は必ずダメージを受けています。
肌が乾燥してしまうのは、表皮にある潤い成分や保湿成分が失われてしまったため。カミソリでひげを剃った後に粉を拭いてしまうのは、このような保湿成分を逃してしまったからなのです。
そこで、ひげを剃った後は、アフターローションで必ず保湿をして下さい。


また、ニキビなどができてしまった場合は、決して潰さないでおきましょう。
ニキビの原因はアクネ菌が毛穴の中に侵入し、炎症を起こしてしまったからです。炎症性のニキビは、炎症が治るのを待つしかありません。
むやみに潰してしまうとさらに悪化したり、ニキビ跡が残ったりしてしまうことがあります。










髭抜き後の毛包炎



毛抜き

毛抜きで髭を抜いたあと、赤くニキビのようなものができてしまったことがあると思います。
それが毛包炎です。
毛包炎の原因は、皮膚の上に存在する目に見えない常在菌です。
常在菌には、表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、マラセチア真菌など様々で、普段は外界からの病原菌を退治したり、皮膚の健康を守ってくれています。
しかし、毛抜きの際に皮膚が傷つき、常在菌が毛包内で入って異常に繁殖したりすると、炎症を起こしてしまいます。



対策としては、まず、毛抜きをする際のピンセットを清潔に保ちましょう。毛抜きにも見えない雑菌がたくさん付いている可能性があります。アルコール消毒をするとより効果的です。
また、毛包炎ができた場合、その膿を潰してしまったりすると、その膿に含まれた細菌が、別の毛穴に入りこみ新たな炎症を起こしてしまう可能性があります。潰さないように気を付けましょう。
そして、乾燥させることが大切で、オロナイン軟膏なども炎症を抑える効果がある成分が含まれているのでおすすめです。










髭抜き後の埋没毛

ムダ毛

毛包炎だけではなく、毛抜きをすると、傷ついた毛穴が塞がってしまい、皮膚に毛が埋もれてしまう埋没毛が発生することがあります。
そんな場合、ついついピンセットや針などで皮を破って、毛を堀り出してしまいますが、そのようなことをしても、皮膚はますます痛みやすくなってしまいます。
埋没毛を解決するには、もう毛を抜いたり剃ったりせず、皮膚のターンオーバーを正常にして、皮膚が生まれ変わるのを待つのが一番です。
自然と毛を抜きやすくなる状態になります。


毛を抜くというのは、青髭が目立たないというメリットが利点ですが、毛包炎、埋没毛というやっかいなことがあるため、あまりオススメできません。
髭はなるべく剃るのが、一番の処理方法でしょう。
それでも、青髭が目立ってしまう方は、レーザー脱毛や光脱毛で、毛を無くしてしまうことが近道です。
レーザーや光の熱で、毛を作る毛母細胞の活動を停止させるので、毛の生える速度を遅くしたり、毛量を減らしたりすることができます。
また、皮膚が回復してこれまでできた埋没毛も、薄く軟らかくなった皮膚から自然と出てくるようになり、脱毛しやすくなっていきます。


次のページは:「ゼロファクター」で肌トラブル対策!ヒゲも抑える優れもの



  • 1
  • 2
  • 次のページ
  • 1/2ページ








    Post navigation