髭が濃い人 必見!~脱毛する前に髭のことを知ろう~

 

髭(ヒゲ)の構造と成分



 

髭イケメン
 


髭が濃い!髭脱毛したい!って方は、まず、髭について知っておくべきことがあります。知っているだけで、髭に対する認識も少し変わるかも。
髭(ヒゲ)は主に、毛幹、立毛筋、毛球、毛乳頭、毛根で構成されている物の事を言います。
毛乳頭から始まり、毛根、毛球、そして髭の側にある筋立毛筋、そして外部に現れる毛幹、という風に中から外部に、下から上へと出てきます。
よく髭を抜いて痛いと思う人もいますが、あの痛みは毛根の周辺にある皮膚組織の神経が反応したものであり、髭の毛には神経が無いので切っても痛みは感じません。


髭の成分は、ケラチンと呼ばれるタンパク質の一種です。ケラチンの中にはアミノ酸がたくさん含まれており、アミノ酸を摂取していると髭も伸びやすくなる、なんて事も言われたりします。
成分は髪の毛と同じで、人間に生えてくる毛は基本的にこの成分となっています。
若いと黒色の色素が含まれていますが、老化していくにつれて髪の毛と同じように色素も失われ、髭も白くなっていきます。





 
 
 
 
 
 


髭(ヒゲ)の生え方




あごおさえるジイ
 



髭は成人男性なら1日で平均0.2mm~0.4mm生えてきます。
そして髭には伸びやすい時間帯というのが存在します。その時間帯というのが朝の6時~10時頃で、朝に髭を剃る時間帯はまさに1番伸びやすい、髭の細胞が活性化されている時間帯という訳です。
他にも季節によって伸びやすい時期があります。大体は秋の9月頃が1番伸びやすく、そして2月が1番伸びにくい時期とされています。2月が終わり春から夏、秋にかけての時期は伸びるスピードも早くなっていく、という感じです。


また、髭は何歳から生えてくるのか。それは個人差はありますが、早い人なら中高生の頃から、薄くて遅い人なら成人してから生えてきます。髭の濃さも、毛が太い人、本数が多い人などによって様々です。
遺伝で、元々髭が濃い人、薄い人などもいます。





 
 
 
 
 
 



髭(ヒゲ)の一生



 

髭は剃らずにいるとずっと伸びていきます。世界一の顎髭を持つ人は4.2mであり、髭を剃らないでいるとずっと伸びていくのです。
なので抜ける周期というのは永久脱毛を行った時だけになります。永久脱毛を行うと大体5日前後で髭が抜け落ちて行きます。
レーザー脱毛は特に髭が抜け落ちていくのが早く、髭の毛も柔らかいまま出てきます。
髭の成長周期は1.2ヶ月~2ヶ月程度です。レーザー脱毛を行う場合は、その周期に合わせた脱毛をするという事になります。
髭の成長周期に合わせる事で、1番よく伸びた時期で自然の髭が抜け落ちていくようにできます。そうして脱毛を無理なく、皮膚組織や髭の周期が狂わないように行えるという訳です。
髭のサイクルは人それぞれで、実際にどれくらいなのかは分からないので、気になる人は脱毛サロンなどで診断してみるのが1番良いでしょう。






 
 
 
 
 
 


人種別、髭の特徴(違い)



 

人種
 


髭は髪の毛と同じ組織なので、人種によってもかなりの差が現れます。
北欧の人は、かなりなめらかですべすべとした髭をしています。ロシア人などは寒いと髭によって凍傷になる恐れもあり、かなり薄く伸びるように進化しています。
その一方で、日本人は割と硬めな髭をしており、色も真っ黒です。


髭の捉え方も大きく違います。
中国だと髭を伸ばす事は威厳ある物という意味でかなり立派な事とされていました。その影響からなのかアジア圏では髭を伸ばす事は良い事とされていました。
ヨーロッパの方も、髭は紳士の嗜みとされており、髭を生やす事は良い風に捉えられていました。
ですが現代だと不衛生という事で伸ばさない人もかなり増えてきました。特に日本人は髭に対しては現在ではあまり良い印象を持っていません。
ヨーロッパの方だとまだ髭を生やす文化は残っており、カジュアルなファッションの一環として髭を伸ばして楽しむという風になっています。






 
 
 


濃い青髭に困っている方、キレイな口周りを取り戻したい方、毛の濃さを抑えたい方には、「脱毛クリーム」をオススメします!

青髭が薄くなる抑毛クリームが、大人気です。

各商品を実際に使ってみて、レビューも公開しています。




脱毛クリームの詳細はこちら!







Post navigation