髭濃い理由は男性ホルモン過多!?将来ハゲるかも!

 

髭(ヒゲ)と男性ホルモン

ひげ筋肉


「髭が濃い」=「男性ホルモン」
というイメージは、世の男性からすれば当たり前という感覚はあると思います。

しかし、それらの関係性の細かい部分までは、なかなか知られてません。

事実、私も調べてみるまで、あまり知らなかったです。

そもそも、髭に関わる男性ホルモンは主に2種類あります。

1つ目は、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンです。

男性の体内に分泌される男性ホルモンのうち全体の90%以上を占めるのがテストステロンです。

テストステロンの分泌量は思春期あたりから上昇し、20代前半頃にピークを迎えたのちに下降していきます。主に体格を大きくして筋肉を膨らませたり、男性らしい身体を作る働きがあります。

また、テストステロンの量が高いと、脳や心臓の疾患やガン疾患などの病気にもなりにくく、身体的健康の維持にも力を発揮しており、年齢を重ねたとしてもテストステロンが高いことでアクティブに生活している男性は多いのです。

しかし、テストステロンは筋肉増大や骨格の発達などの身体的成長の際に、体毛を濃くする作用もあります。それでも、テストステロンによる体毛の発達は通常の範囲内での発毛になります。


2つ目は、「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンです。

DHTは通常のテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合し変化したものです。これこそが私達、男性を苦しめるホルモンになります。

DHTの作用としては、「毛髪を薄く、体毛を濃く」といえば、簡単です。

つまり、頭がハゲになり、髭や他の体毛を濃くする作用があり、とても厄介なホルモンなのです。

DHTがどう作用するのかというと、
まず、血液中に含まれている通常のテストステロンが毛根近くの皮脂腺や毛乳頭(毛が生える根っこ)の近くにある5αリゼクターゼと結びついてDHTに変化します。

それがホルモン受容体に引き寄せられて、「IGF-1(毛を成長させる成分)」と「TGF-β1(毛の成長を抑える成分)」の2つの成分を作り出します。

これら2つの成分のバランスによって、毛髪や体毛への影響も変化します。

つまり、
TGF-β1が増加した毛根では、毛の成長が止まり、細く抜けやすい毛になり、IGF-1が増加した毛根では、毛の細胞分裂が促進されて毛が太く濃く成長します

TGF-β1が多い毛髪は抜けやすくハゲになり、IGF-1が多い髭や体毛は濃く生えてくるというメカニズムになります。

このことから、DHTはテストステロンが生やした体毛をより太く濃くする作用があり、とても厄介な男性ホルモンなのです。
髭が濃いと、将来ハゲになる可能性も高いのです。










髭(ヒゲ)と他の体毛の違い

すね毛

人間の身体には約500万本の体毛が生えています。

そのうち身体の表面に生えてくるのはおよそ130~140万本で、目に見えない微細な毛も含めて、実は人間の身体のほとんどが毛で覆われているのです。

そのなかで髭(ヒゲ)は、成人男性の場合、約6000~25000本も生えています。硬くてしっかりと生えている髭は、他の体毛とくらべると異質な感じがしますよね。

しかし、髪の毛や脇毛、すね毛などの他の部位から生えてくる体毛と比べて、特に違いがあるわけではないのです。

人間の体毛は、ケラチンという成分からできていて、どの体毛とも同じです。

ただ、毛の主な細胞であるコラテックスという部分の強度や太さによって、毛の太さや硬さなどが変化する仕組みになっています。

また、髭が他の体毛よりも硬く感じるのは、切りそろえていることが多いからです。短く刈った髭は毛根から近いためにしっかりと支えられており、触った際には切り口に鋭利な感覚もあるため、硬くてチクチクとした特別な毛のように思えるのです。

これは、毛髪を坊主にしたり、刈り上げた際にも実感することができるかと思います。

髭を伸ばす風習のある国の人々などの長い髭を見ても分かるとおり、長く伸ばしてしまえば他の部位に生えている体毛とくらべても大きな違いはありません。










髭(ヒゲ)の濃さとハゲの関係

はげひげ

一般に浸透している俗説で、髭や体毛が濃い男性は薄毛(ハゲ)になりやすいというものがあります。

これはすでに上述しましたが、やはり男性ホルモンによるところが大きいと考えられます。

すなわち、髭や体毛を濃くする働きがある男性ホルモンである、ジヒドロテストステロン(DHT)が、毛穴の毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターと結びつくことで、TGF-β1と呼ばれる毛の成長を抑制する因子の作用で、薄毛(ハゲ)になるのです。

しかし髭や体毛が濃くても頭髪が豊富な男性はおり、必ずしも薄毛(ハゲ)になるというわけではありません

つまり、DHTが多く分泌されて髭が濃い男性でも、DHTと男性ホルモン受容体の結びつきが弱ければ薄毛になる可能性も低いと考えられます。

また、テストステロンと結びついて、DHTを作りだしている5αリダクターゼという還元酵素の分泌量や活性度が低い男性も、髭が濃いからといって薄毛(ハゲ)になる可能性は低いのです。

この5αリダクターゼの分泌量や活性度は、遺伝によって決まっているとも考えられており、髭(ヒゲ)が濃いことも、毛髪が薄いことも、遺伝が関係している可能性が高いのです。










女性にも髭は生える!?

おんなひげ

実は、女性にも髭(ヒゲ)が生えることがあります。

最近、増えてきているようなのですが、10~20代の若い女性で髭(ヒゲ)が生えて悩んでいる方が増えているようです。

調べてみると、「女性のオス化」なんてキャッチまでついてるくらい、少し話題になってきているそうなんです。

そもそも、女性の顔は、もともと薄い産毛で覆われているので、毛が生えること自体はおかしくはないのですが、髭(ヒゲ)と呼べるほど太い毛が多く生えてくるというのは、ホルモンバランスの乱れが原因だと思われます。

ホルモンバランスが乱れた理由としては、睡眠不足やストレス、食生活の乱れや喫煙などが考えられます。

最近は、働いている女性も増え、ストレスのかかる仕事や立場で活躍している方も沢山います。

しかし、そのようにストレス過多な生活で、心身の負担が大きくなると、女性ホルモンの分泌が減少します。

すると、今までは少量しか分泌されてなかった男性ホルモンの分泌量が増加し、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモン優位な体質になってしまいます。

それによって、髭や体毛が濃く生えてきたりしてしまうというのです。

この状態は、女性にとって好ましくありません。

髭(ヒゲ)が生えるほど、男性ホルモン優位な体質になってしまうと、生理不順や不正出血など女性の生殖器官への影響も出てくる可能性があると考えられます。

対策としては、なるべくストレス環境を避け、生活習慣を整えて充分な休養をとることで、女性ホルモンの分泌を元に戻すのが重要です。

オススメは、女性ホルモンの分泌を助けるイソフラボン、ビタミンEなどの成分の含まれる食事をとるのがよいでしょう。

そうすることでホルモンバランスの乱れが収まり、髭(ヒゲ)が生えてくることはなくなるでしょう。


次のページは:男女のムダ毛を抑えてくれる「ゼロファクター」を体験!



  • 1
  • 2
  • 次のページ
  • 1/2ページ







    Post navigation

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。