青髭対策 髭抜き

青髭解消ための髭抜き!痛くない正しい髭抜き方法

更新日:

髭抜きのメリット・デメリット

日頃、口周りや顎下のザラザラが気になっている」「髭を何度剃っても青髭が残ってしまう」などといった悩みを抱える男性は、とても多いです。特に日本では、各個人的にも社会的にも、「髭」という存在を嫌う風習とも言える雰囲気があります。

そんな雰囲気を感じて、大多数の日本人男性が髭の処理を怠らず、毎日のように髭剃りを行っています。

しかし、毎日のように髭を剃っても夕方にはザラついてきて、翌日に再び髭を剃るという繰り返しで、連日の髭剃りは口周りの皮膚を傷めつけて、常にカミソリ負けでボロボロに。といっても、仕事などの関係で髭を剃らない訳にもいかない。

そんな髭剃りに翻弄されて疲れた男性に増えてきているのが、「髭抜き」です。

実は、日本人男性の髭の処理方法において「髭抜き」を行っている男性の割合は、60%以上を占めていると考えられており、「髭剃り」を行う男性よりも多いと考えられているのです。

「髭抜き」のメリットは、剃り残しや青髭がない状態に処理できる点です。

T字カミソリや電動シェーバーで丁寧に髭剃りを行ったとしても、顎下の一部分に剃り残しがあったり、深剃りが上手くできずに髭が青く見えたりと、気になる部分が必ず出てきてしまいます。

「髭抜き」での処理は、皮膚の表面に出てきた髭を剃るのではなく、生えてる髭そのものを根元から抜いてしまうのです。抜くことで、カミソリ負けもしない、髭剃りよりも生えてくるのを遅くできる、青髭がなくなってザラザラとした違和感もなくなる、といったメリットがあり、髭剃りよりもキレイに処理できるという点で多くの男性から支持されて行われているのだと考えられます。

しかし、それと同様にデメリットもあります。

一番のデメリットは、痛みを伴うことです。

そもそも髭の毛根は、他の毛と比べてとても深い部分にあります。つまり、髭を抜いたことがある方はわかると思いますが、皮膚の表面に見えている毛の長さより毛根に埋まっていた部分の方が長いのです。抜く際は、表面上3mm程度だった毛が、引っこ抜くと7~8mmだったなんてことが多いのです。

毛が深い部分まで埋まっているということは、抜く際に毛穴や毛根周辺に大きなテンションやストレスを与えてしまうことになります。それが、毛と毛球部を剥がす時や毛球部と毛根を剥がす時、毛を引っ張ることで皮膚も引っ張られる時などに、痛みとして現れるのです。場合によっては、毛球部と毛根の剥がれる際に皮膚が切れて出血することもあります。

また、この痛みに耐えながら髭を抜くため、何本かを一気に抜くことはできず、一本ずつ丁寧に抜いていくことや髭自体が6000~25000本もあるとされるのでとても時間がかかってしまうこともデメリットと言えます。

さらには、「髭抜き」を行うと、抜いた後の毛穴から雑菌が入って毛包炎ニキビができたり、毛穴が塞がって埋没毛になったりと他にもデメリットになるものが多いので、注意が必要です。

 

 

髭抜きの正しい方法

髭抜き」はそのまま髭をただ抜けばいいと思っている人がいたら、それは間違いです。

「髭剃り」もいくつかの手順があって行うように、「髭抜き」でも正しい手順・やり方があります。正しい方法で行うことで、毛包炎や埋没毛などのデメリットを最小限に抑えることができるのです。

正しい髭抜き方法

①まず、髭抜き用に毛抜きを消毒して用意します。

②髭抜き前に、洗顔して肌を清潔に保ちます。

③洗顔後は、温かい蒸しタオルを顔に当て、毛穴を広げます

④髭を抜く際は、毛抜きで髭の根元部分を挟んで抜きます。

⑤髭抜きは、毛の流れに沿ってゆっくりと引き抜きます。

⑥髭を抜いたら、冷水や保冷剤を使って抜いた部分を冷やします

⑦最後に、アフターシェーブローションをつけて保湿・殺菌を行います。

このように、正しい方法で「髭抜き」を行えば、毛包炎やニキビや埋没毛などの肌トラブルを防ぐことができるのです。中でも、痛みや皮膚へのダメージを軽減させるために、毛流れに剃ってゆっくりと抜くということが重要になってくると考えられます。

また、「髭抜き」は時間のかかるものと理解しましょう。数万本の髭を一気に抜こうとすると、痛みも強く、肌トラブルを起こす可能性も高まります。時間を開けて数日かけて、少しずつ抜いていきましょう。

 

痛くない髭抜きのコツ

私は、髭の処理に対して、痛みを伴うことにとても懐疑的に感じてしまいます。こんな邪魔なもので痛みを感じることに苛立ちも覚えます。自分の身体の一部なので、しょうがないと考えてはいますが、なんか邪魔くさい感覚は取れません。

恐らく、他の男性陣も同様に感じている方も多いと思います。

髭剃り」はカミソリ負けや肌荒れを起こして痛いし、カミソリやシェービングクリームにもお金がかかってしまいます。「髭抜き」にしても、数万本の髭を一本ずつ抜くのは手間もかかるし、とても痛いです。

カミソリ負けは、良質なシェービングクリームやアフターシェービングローションの有効活用などでかなり改善する人もいると思います。まったく改善しないで、血だらけになって痛くて「髭剃り」ができない場合は、皆さん「髭抜き」をしていると思います。

では、一本一本抜くのがとても痛い「髭抜き」の痛みを抑えるには、どうすればよいのでしょうか?

前述したような、毛穴を広げるという方法も痛みを軽減させるために有効な方法の一つで、毛穴を開かせた上で毛の流れに沿って髭を抜くことで、毛穴や毛根に余計な負担をかけずに抜くことができるので、痛みを最小限に抑えることができます。

また、私の髭抜きの実体験で気づいたことですが、髭を抜く前に抜く部分を保冷剤で冷やすことが効果的でした。少し感覚が鈍くなる程度まで保冷剤で冷やすことで、抜いた時の痛みと保冷剤の冷たさが相殺しあって、痛みが鈍くなったのです。これは実体験に基づくので、正しい方法とは言えませんが、試してみると痛みが軽減するのがわかると思います。

しかし、皮膚に保冷剤を当てすぎると、低温やけどなんてことにもなりかねないので、十分注意して下さい。でも、髭抜くならオススメの方法です。

 

髭抜き後のアフターケア

「髭剃り」においても、肌トラブルへの対処としてアフターケアを重要視しますが、それは「髭抜き」においても同じことです。

実は、「髭抜き」で生じる痛みは抜く瞬間だけではありません。髭を抜いた毛穴に雑菌が入ると、毛包炎やニキビという形で、炎症を起こして腫れたり膿んだりして、痛みが長続きしてしまいます。

そのような痛みを及ぼす可能性のあるリスクを防ぐためにも、「髭抜き」にもアフターケアは重要だと考えられます。

「髭抜き」後のアフターケアとしては、毛穴の汚れを落とすために洗顔すること、「髭剃り」同様に毛穴の保湿や殺菌のためにアフターシェーブローションも良いでしょう。また、冷水で冷やすことで毛穴を引き締めて、雑菌や汚れが入りにくくするのも重要です。

このようなアフターケアをする際には、周辺の道具も清潔に保ち、雑菌や汚れの侵入を防ぎましょう。しっかりアフターケアをすることで、「髭抜き」ライフがより快適になることは間違いありません。

次のページは:もう青髭に悩まない。「ゼロファクター」でヒゲを抑える!

1/2ページ

 

 

-青髭対策, 髭抜き

Copyright© UPDATELA , 2018 All Rights Reserved.