• 男性向け美容・身だしなみ

青髭が濃い原因は男性ホルモン

青髭が汚く見えて、印象が悪い。

すぐに伸びてきてザラザラと痛い。

毎日の髭剃りから解放されたいなど

世間の男性のほとんどが、一度は青髭に悩まされたことがあると思います。「どうにかしたい!」と考えて、脱毛にも通ってるなんて人もいるでしょう。

でも、脱毛するお金がないから、髭剃りや髭抜きでなんとなく処理して我慢しているという方が多いと思います。なるべく、お金をかけずに青髭を解消したいと考えてる人のために、効果的な青髭対策についてまとめてみました。

 

青髭とは

そもそも青髭はどうして青く見えるのか?

これは、髭の太さと顔の皮膚の薄さが関係しています。髭の太さは0.1mm~0.2mm程度で、年齢とともに太くなっていきます。しかも、髭は根元が深く、表面上1~2mmしか生えていないように見えても抜いてみると5~6mmの長さがあり、想像以上に長い毛です。

そのため、髭を深剃りしてキレイに剃ったように見えても、毛穴深くには残っているのです。

さらに、顔の皮膚は他の身体の皮膚よりも薄くなっています。つまり、毛穴に残っている太い髭の根元が薄い皮膚に透けていることで、青っぽく見えるのです。それが「青髭」と呼ばれるようになったのです。

これは、例えば、白い紙にペンで無数の点を打っていくと、点同士の色が集まって灰色を塗ったように見える原理と同じです。ゆえに、髭一本一本が太ければ青髭もより濃く見えます。

 

髭の太さと男性ホルモン

人間の体毛で一番太いともされる髭ですが、実は一番硬いともされ、その硬さは銅線に匹敵する程だと考えられています。

では、髭が太く濃くなってしまうのはなぜか?

一番の原因として、「男性ホルモンの増加」が挙げられます。

人は分泌量の差はありますが、男女ともに男性ホルモンと女性ホルモンを両方とも持っています。男性ホルモンといえば、代表的なものがテストステロンです。男性の体内で分泌される男性ホルモンの約90%以上を占めているとされて、テストステロンが分泌されることによって、男性的な身体的成長や闘争心・向上心を上げる作用があり、男性に必要不可欠なホルモンです。

また、男性ホルモンには、テストステロンから変化した、ジヒドロテストステロンというホルモンもあります。これが大変厄介な男性ホルモンで、毛穴深くの毛乳頭に作用し、毛を太く濃くさせる作用があるのです。

青髭を濃くしているのは、主にジヒドロテストステロンによるものだと考えられます

ジヒドロテストステロンは、テストステロンから変化してできるので、テストステロンの分泌が増えると、比例してジヒドロテストステロンも増える可能性が高まるということになります。

特に、現代のストレスフルな社会での生活で、男性のストレス値は高まっているそうです。ストレスによって、男性ホルモン(テストステロン)は増加しやすくなると考えられており、その増加によってジヒドロテストステロンも増加し、世の男性の髭も太く濃くなりやすい状態なのです。

 

髭剃りが髭を太くする訳ではない

よく聞く噂で、「髭を剃るから髭が濃くなる」といった話があります。

髭以外にも腕やスネの毛を剃ると濃くなるから、剃らないで抜くようにするということをしている人もいるかと思います。しかし、この噂には信憑性が薄いらしいのです。

実際、毛を剃る際のカミソリの刺激や肌が痛むことで、毛が生えやすくなるとか、濃くなるといったことはありません。

髭が生えるのは、結局のところ男性ホルモンの分泌量で決まっているのです。分泌量が多いことで太く濃い毛が生えてくるため、髭剃りの刺激が関与している訳ではないのです。髭剃りによる皮膚への刺激が髭を濃くすると言われるのは、大人になるにつれて髭剃りの頻度が多くなることと髭の濃くなることのタイミングが一緒だからだと考えられます。

しかし、そもそも男性ホルモンの分泌量は20代に急激に増加します。そのタイミングに髭が太く濃くなるのは当たり前で、太く濃くなれば髭剃りの頻度が多くなるのも必然なのです。そのため、髭剃りではなく髭抜きをしようというのも特に意味がありません。

むしろ、髭抜きは毛穴を傷つけたり、埋没毛になったりとデメリットがあるのでなるべくやらない方がいいでしょう。

髭を薄くしたいならば、根源である男性ホルモン対策をするのが、最も効果的です。

 

男性ホルモンの増加を抑える

青髭解消のために、効果的なのは毛を太く濃くする男性ホルモンの分泌を抑えることです

男性ホルモンの分泌量が増加しているのは、全身のホルモンバランスの乱れに起因しています。ホルモンバランスが乱れることは、身体に様々な影響を及ぼします。

男性ホルモンが増えて女性ホルモンが減ると、男性ホルモン優位の体になって髭や体毛が濃くなり、イライラしたりします。また、女性ホルモンが多く男性ホルモンが減ると、女性ホルモン優位となって無気力になったり、集中力が低下したりします。これらのホルモンバランスが乱れるのは、不規則な食事や睡眠不足、ストレスの多い生活などの生活習慣が原因とされています。

つまり、生活習慣を改善することで男性ホルモンの分泌を抑えることができるのです。

男性ホルモンの抑制に効果的な対策法

闘争心を高ぶらせるスポーツを行わない

過度なスポーツは闘争心を高ぶらせつつ、筋力も使うので男性ホルモンの分泌が増えます。

特に格闘技など痛みを感じる競技は男性ホルモンを高めやすいです。

強いストレス環境や睡眠不足の改善

ストレスは万病の元とも言うように、身体が危機感を感じている状態になるため、男性ホルモンが増えやすくなります。

ストレス発散を図り、十分な睡眠をとるようにするのが良いでしょう。

肉中心の食生活はなるべく控える

肉中心の食生活は男性ホルモン増加を促します。

男性ホルモンを抑制するには、豆腐や納豆などの豆類を食べると良いでしょう。

酒やタバコなどの刺激物を取らない

これは当然ですが、酒やタバコの刺激によって男性ホルモンを活性化させてしまいます。なるべく控えるか、少なくするようにしましょう。

青髭を濃くさせないためには、男性ホルモンの増加を抑える努力が必要になってきます。

 

青髭を薄くする食事・食材

青髭を濃くしないための男性ホルモン対策法の中でも、効果が高いのは食生活の改善です。

外からの食事によって、男性ホルモンの抑制や女性ホルモンの分泌促進などに作用する成分を含んだ食材を摂ることは、一番効果も高くて効率的な方法でもあります。

先述の通り、青髭を濃くしないためには肉中心の食生活を改善する必要があるとしましたが、それ以外にも効果的な食事があります。

まず、豆腐や納豆、ナッツなどの豆類にはイソフラボンという女性ホルモンの分泌促進や女性ホルモンの活性化が期待できる成分が含まれているので、男性ホルモンの抑制に効果のある食材だとされています。

また、もいいとされています。卵は肉と同様に動物性タンパク質を含んでいますが、卵に含まれる良質なコレステロールが女性ホルモンの原料となります。

そして、ハーブティーやカモミールティーなどのお茶は、ニオイを嗅ぐことで女性ホルモンの分泌促進が期待できます。

このように、女性ホルモンの分泌を増やしていくと、ホルモンバランスの関係から、男性ホルモンの分泌が抑制されます。すると、髭が薄くなり、青髭も目立たなくなるでしょう。

 

青髭対策には抑毛ローションを

髭剃りをしても青髭が残ってしまう」「濃い髭がうっとうしいから薄くしたい」「カミソリ負けして痛いのをどうにかしたい」など、濃い髭・うっとうしい青髭のせいで、困っているという方はたくさんいると思います。

青髭対策として髭を薄くしたいなら、オススメは「ゼロファクター」の抑毛剤です。特に、抑毛成分が効果を発揮する、「5αSPローション」は、私も実際に使ってみて、非常に効果を実感しています。

ぜひ、一度お試しいただきたい抑毛ローションです。

次のページは:実際に「ゼロファクター」を使ってヒゲ抑毛効果を検証!

1/2ページ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。